フラット35エース

ずっと固定金利の安心をフラット35エースで応援します。
今月の金利

【フラット35エースS】(Aプラン)+維持保全型
0.88%

【フラット35エース】
1.38%

  • 融資手数料定率型、融資率8割(80%)以下、返済期間35年以下
    フラット35エースS(Aプラン)と維持保全型が組み合わせて適用される場合の金利は当初5年間

2022年4月より「フラット35(フラット35エース・財住金フラット35共通)」の金利が引下げになるメニューが追加されました。 取得する住宅が以下のメニューに該当する場合、または該当するメニューの組み合わせにより金利引下げ幅や引下げ期間が決まります。 詳細は別紙金利引下げメニューの組合せパターン(PDF)をご覧ください。

  • 対象となる住宅について詳しくはこちら
    【フラット35サイト(住宅金融支援機構)】www.flat35.com

①住宅性能に関するメニュー
省エネルギー性や耐震性など質の高い住宅を取得する場合、借入金利を一定期間引き下げます
(1)フラット35S
  • フラット35S(Aプラン)⇒『省エネルギー性』『耐震性』『バリアフリー性』『耐久性・可変性』のいずれか1つ以上所定の基準を満たす住宅
  • フラット35S(Bプラン)⇒『省エネルギー性』『耐震性』『バリアフリー性』『耐久性・可変性』のいずれか1つ以上所定の基準を満たす住宅
  • (Aプラン)と(Bプラン)では満たす必要がある基準が異なります
    フラット35Sについて詳しくはこちら(PDF)をご覧ください
(2)フラット35リノベ
  • フラット35リノベ (Aプラン)⇒リフォーム工事後に『省エネルギー性』『耐震性』『バリアフリー性』『耐久性・可変性』のいずれかの所定の基準に適合しており、選択した基準に関する工事が行われた住宅
  • フラット35リノベ (Bプラン)⇒『省エネルギー性』『耐震性』『バリアフリー性』『耐久性・可変性』に関する所定のリフォーム工事が行われた住宅
  • (Aプラン)と(Bプラン)では満たす必要がある基準が異なります
    また、「中古住宅の維持保全に係る措置」が取られていることが必要です
    フラット35リノベについて詳しくはこちら(PDF)をご覧ください
②維持保全に関するメニュー
維持保全・維持管理に配慮した住宅や既存住宅の流通に資する次のいずれかに該当する住宅を取得する場合、借入金利を一定期間引き下げます
  • 長期優良住宅(新築住宅・中古住宅)
  • 予備認定マンション(新築マンションのみ)
  • 管理計画認定マンション(中古マンションのみ)
  • 安心R住宅(中古住宅のみ)
  • インスペクション実施住宅(中古住宅のみ)
  • 既存住宅売買瑕疵保険付保住宅(中古住宅のみ)
③地域連携に関するメニュー
  • 地域連携型(子育て支援) ⇒子育て支援に積極的な地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による財政的支援とあわせて借入金利を一定期間引き下げます
  • 地域連携型(地域活性化)⇒UIJターン、コンパクトシティ形成、空き家活用、防災・減災、地域産材使用、景観形成などの地域活性化に積極的な地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による財政的支援とあわせて借入金利を一定期間引き下げます
  • 地方移住支援型 ⇒地方公共団体による移住支援金とセットで借入金利を一定期間引き下げます
フラット35地域連携型について詳しくはこちら(PDF)をご覧ください
①~③の金利引下げメニューには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了させていただきます。詳しくは財住金までお問い合わせ下さい。

フラット35エースのおすすめポイント

①低金利の財住金フラット35より、さらに有利な金利水準

従来からご提供している「財住金フラット35」はフラット35商品の中でも低い金利商品として選ばれていますが、「フラット35エース」では更に、財住金が自由に金利設定できる範囲が広がったことから、一層お客さまに有利な金利水準を実現しています。
 ※販売数に限りがありますので、完売次第、販売終了となります。お早めにお申込みください。

②自己資金2割以上が断然お得

住宅建設費(土地取得費を含む)または住宅購入価額に対し、自己資金2割以上なら、もっとも有利な金利でご利用頂けます。 ※自己資金1割以上2割未満でも低金利でご利用頂けます。
詳細は金利情報ページでご確認ください。⇒⇒⇒ 【金利一覧】

③フラット35業界内で低水準の融資手数料

融資手数料定率型と融資手数料定額型の2つの融資手数料タイプをご選択頂けます。

④充実の付帯保険で、万が一の時も安心。

3大疾病に備える【財住金の3大疾病 5つの重度慢性疾患補償付住宅ローン】
ガンと診断、急性心筋梗塞または脳卒中を発病し60日以上所定の状態が継続したと診断された場合、住宅ローンの残高が0円となります。また、5つの重度慢性疾患により就業不能となった場合は、最長12カ月間の住宅ローンの返済を補償します。詳細はこちら
働けない時に備える【財住金の疾病補償付住宅ローン】
8大疾病により就業不能となった場合は最長12ヵ月間、8大疾病以外の病気やケガで就業不能となった場合は、最長2カ月間の住宅ローンの返済を補償します。また、8大疾病による就業不能が12カ月間を超えて継続した場合、住宅ローンの残高が0円となります。詳細はこちら
  ※万が一に備えた所得補償保険(財形あんしん保険)も併せてご利用いただけます。

⑤保証料・団体信用生命保険特約料・繰上返済手数料0円

保証料・保証人が不要です。団体信用生命保険特約料・繰上返済手数料も0円。諸費用の負担が少なく安心です。

⑥つなぎ融資がご利用可能

フラット35エースの資金のお受取り前に資金を必要とする方へ、つなぎ融資をご利用いただけます。

⑦万全のサポート体制

フラット35エースは最長35年、全期間固定金利の安心感が魅力です。お借入れのご相談から、資金のお受取り、ご返済完了まで、財住金担当者がしっかりサポートします。

⑧ご返済口座は全国の「都市銀行・地方銀行・信用金庫・労働金庫」から選択可能です。

金融機関の通常の住宅ローンと異なり返済する口座に制約はありません。
セミナー&相談会セミナー&相談会の詳細はこちら