就業不能信用費用保険

取扱商品

3大疾病 5つの重度慢性疾患補償付住宅ローン
疾病補償付住宅ローン

3大疾病 5つの重度慢性疾患補償付住宅ローンの商品概要

対象商品

  • フラット35エース
  • 財形住宅融資

ご利用いただける方

フラット35エースまたは財形住宅融資をご利用の方で、お借入時満20歳から満50歳までの方。
団体信用生命保険にご加入された方。
※連帯債務者の方はご加入いただけません。

補償期間

ローン融資実行日~ご融資満了または、満81歳のいずれか早い方。

補償開始日

待機期間(3ヵ月)満了日の翌日から補償を開始します。

お支払方法

  • フラット35エース

お借入金利が0.23%(お借入時満45歳以下の方)、0.47%(お借入時満46歳以上の方)高くなります。

  • 財形住宅融資

事務手数料(年間)が、債務残高(注)に対して年間0.23%(お借入時満45才以下の方)(税別)、0.47%(お借入時満46才以上の方)(税別)かかります。
(注)10万円未満切り上げ。初回はお借入額。2年目以降はお借入応当月の3ヵ月前の月末残高となります。

お支払日

財形住宅融資
初回はお借入月の翌月27日。2年目以降はお借入応当月の前月の27日となります(口座振替による引落し)。

補償内容

ガン

ガン診断保険金は、補償開始日以降に生まれて初めてガンに罹患し、医師により診断確定された場合に、診断確定された時点のローン債務残高相当額が診断保険金として保険会社より財形住宅金融に支払われ、債務の返済に充当されます。ただし、上皮内ガン、大腸粘膜ガン、膀胱・尿路・乳管等で発生する非浸潤ガンなど、ガンの浸潤していない状態は、お支払いの対象となりません。

急性心筋梗塞・脳卒中

急性心筋梗塞診断保険金、脳卒中診断保険金は、補償開始日に、急性心筋梗塞もしくは脳卒中に罹患し、その疾病により医師の診断を受けた日からその日を含めて60日以上、所定の状態*が継続したと医師により診断された場合に、診断された時点のローン債務残高相当額が診断保険金として保険会社より財形住宅金融へ支払われ、債務の返済に充当されます。

※所定の状態とは
〈急性心筋梗塞の場合〉労働の制限を必要とする状態(軽い家事等の労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限する状態)。
〈脳卒中の場合〉言語障害・運動失調・麻痺等の他覚的な神経学的後遺障害がある状態。

重度慢性疾患(高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)

ご融資日以降に罹患した5つの重度慢性疾患のいずれかにより、補償開始日以降に、被保険者本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態(就業不能状態)となり、その状態が継続した場合、最長12回を限度として、当該期間に属する約定返済相当額が、保険金として保険会社より財形住宅金融に支払われ、毎月の返済に充当されます(ローン債務延滞中においては、遅延債務に優先的に充当します)。ただし、保険金のお支払は、お客さまによる保険金請求の時点までに経過した当該期間に属する約定返済額を限度とするほか、同一の就業不能期間においては、約定返済12回相当分を限度とします。

引受保険会社

三井住友海上火災保険株式会社

疾病補償付住宅ローンの商品概要

対象商品

  • フラット35エース
  • 財形住宅融資
  • 財住金フラット35

ご利用いただける方

フラット35エース、財形住宅融資または財住金フラット35をご利用の方で、お借入時満20歳から満60歳までの方。
団体信用生命保険にご加入された方。
※連帯債務者の方はご加入いただけません。

補償期間

ローン融資実行日~ご融資満了または、満81歳のいずれか早い方。

補償開始日

待機期間(3ヵ月)満了日の翌日から補償を開始します。

お支払方法

  • フラット35エース

お借入金利が0.13%高くなります。

  • 財形住宅融資および財住金フラット35

事務手数料(年間)が、債務残高(注)に対して年間0.13%(税別)かかります。
(注)10万円未満切り上げ。初回はお借入額。2年目以降はお借入応当月の3ヵ月前の月末残高となります。

お支払日

財形住宅融資および財住金フラット35
初回はお借入月の翌月27日。2年目以降はお借入応当月の前月の27日となります(口座振替による引落し)。

補償内容

月々のローンご返済に対する補償

ご融資日以降に罹患した8大疾病のいずれかにより、補償開始日以降に、被保険者本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態(就業不能状態)となり、その状態が継続した場合、最長12回を限度として、当該期間に属する約定返済相当額が、保険金として保険会社より財形住宅金融に支払われ、毎月の返済に充当されます(ローン債務延滞中においては、遅延債務に優先的に充当します)。ただし、保険金のお支払は、お客さまによる保険金請求の時点までに経過した当該期間に属する約定返済額を限度とするほか、同一の就業不能期間においては、約定返済12回相当分を限度とします。なお、8大疾病以外の病気または、ケガにより就業不能となった場合は、最長2回を限度に支払います。

ローン債務残高に対する補償

ご融資日以降に罹患した8大疾病のいずれかにより、補償開始日以降に、被保険者本人の経験・能力に応じたいかなる業務にもまったく従事できない状態(就業不能状態)となり、その状態となった日から、その日を含めて12ヵ月を経過した日の翌日午前0時までその状態が継続していた場合、その時点のローン債務残高相当額が、保険金として保険会社より財形住宅金融に支払われ、債務の返済に充当されます。
*8大疾病:ガン、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵すい炎

引受保険会社

三井住友海上火災保険株式会社

留意事項

・保険料は財住金が負担します。
・財形住宅金融株式会社が保険契約者となり、ローン契約者を被保険者とする就業不能信用費用保険です。
・事務手数料率は、被保険者の増減や年齢構成等により、将来変更する場合があります。
・告知の内容により、保険会社がご加入をお断りする場合があります。
・虚偽告知等の告知義務違反があった場合は、保険金が支払われない場合があります。
・財住金の3大疾病 5つの重度慢性疾患補償付住宅ローンまたは疾病補償付住宅ローンでご利用いただく保険は、三井住友海上火災保険株式会社の引受となります。保険内容の詳細やご不明点については、「被保険者のしおり」に記載のお問い合わせ先へご連絡ください。
・保険金のお支払には、商品概要に記載の内容のほかにも条件がございます。ご加入にあたっては、「被保険者のしおり」に記載の「契約概要」・「注意喚起情報」で詳細を必ずご確認ください。
・補償内容についての概要説明は、当社が保険契約者としての立場から住宅ローンご契約者のために行っているもので、いわゆる保険募集のための説明ではありません。
・万一の場合に備えて、ご家族の方にも保険契約に加入していること、および加入している保険契約の概要(保険会社名、お支払いする保険金の種類、代理請求など)をお伝えください。
・補償の対象となるフラット35エース、財形住宅融資および財住金フラット35の借入予定額とご返済中残高の合計が5000万円を超える場合は『健康診断結果証明書』(書式は財住金へ請求)をご提出していただきます。
・本住宅ローンの全額または一部繰上返済をした場合でも、解約返れい金はございません。

セミナー&相談会セミナー&相談会の詳細はこちら